田舎で働く警備員の日記

k7i48b95.exblog.jp
ブログトップ

特別交付税で全額措置=口蹄疫、処分家畜への県補償分−原口総務相(時事通信)

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫被害が拡大している問題で、原口一博総務相は18日、感染が疑われる家畜の殺処分に伴う農家の損失を同県が肩代わりした場合、特例として特別交付税を全額手当てする方針を表明した。現行では自治体による独自補償分の2分の1が交付対象だが、感染を食い止めるため措置率を引き上げる。
 農家の損失については現在、家畜伝染病予防法に基づき、殺処分した家畜の評価額の8割を農水省が交付金で支援。共済に加入していると、残りは共済でカバーされる。しかし、非加入のため残り2割の自己負担を強いられる農家を対象に、自治体が独自補償した場合、その2分の1を特別交付税で穴埋めしている。 

【関連ニュース】
全頭殺処分、農家の理解必要=口蹄疫の対策費拡充を
3月下旬に県の検査すり抜け=口蹄疫感染の水牛
野党、口蹄疫拡大で集中審議を=郵政法案、午後審議入り
口蹄疫、金融機関に対応要請へ=亀井金融相
鳩山首相「政府対応に問題あった」=被害農家支援に万全期す

「知事会仕分け発言は的はずれ」埼玉知事が批判(読売新聞)
「宮崎牛」種牛も殺処分に=事前避難6頭は経過観察−口蹄疫感染疑い100カ所超(時事通信)
米OSI社を40億ドルで買収へ―アステラス(医療介護CBニュース)
小沢氏聴取15〜17日に、特捜部に回答(読売新聞)
小中学生に広がる「レーザー脱毛」 母娘そろってサロンに通い(J-CASTニュース)
[PR]
by jmkmrauri2 | 2010-05-21 12:03